fc8627504e39ce7ca0a52c907a6ac55b

オガム文字とは、古アイルランド語の表記に用いられたアルファベットのことである。
アイルランド島やスコットランドに石碑が多数残されていて、4世紀(あるいはそれ以前)から発生したと考えられ、5〜6世紀に盛んに用いられた。 

オガム文字は1本の直線に対して横や斜めの線が引かれることでそれぞれの文字を表し、さらにそれを下から上に読むという非常に珍しい文字構造を持つ。
また、それぞれのアルファベットはその頭文字をもつ木々の名前と対応しているらしいので、下から上に読むというのも、木々が大地から空に向かって伸びるさまを考えると割と自然なのかもしれない。